cubepia-cloud-mockup-wide.png

cubePia IoT クラウドセンター

 

なぜ子供たちはプログラミングを学ぶ必要があるのでしょうか?

 

プログラミングを学ぶことは、将来的にみんながソフトウェアエンジニアになることではなく、「コンピュテーショナルシンキング」を持つことです。この重要なスキルを使って、様々な問題解決を行うのです。 コンピュテーショナルシンキング (CT)は、論理を導き出したり、データ分析、ソリューションの構築、および複雑な自由な問題についての考え方を含む、多様な問題解決プロセスです。 コンピュテーショナルシンキングは、コンピュータアプリケーションだけでなく、数学、科学、人文科学など、あらゆる分野での問題解決にも使用できます。コンピュテーショナルシンキングを持つ子供たちは他の分野の研究に活用し、その知識を教室外での活用することで、生活の中で更なる飛躍が期待できます。

右をクリックし、

クラウドセンターへようこそ >>>

cubePiaクラウドセンター

 

クラウドセンターは、マサチューセッツ工科大学によって提案されたスクラッチパズルコンビネーションインターフェースと組み合わせたモノのインターネット(IoT)通信技術を使用して、cubePiaスマートcubeをIoT電子アプリケーション開発用のとてもシンプルなデバイスへと変化させます。ユーザーはハードウェアcubeを使用して必要な動作を同時に組み合わせ、プログラミングインタフェースを使用して各エンドポイントの論理的相互関係を設定し、自分のニーズに応じたスマートオブジェクト接続デバイスを構築できます。